2020年2月16日日曜日

およそ300万・・・絶望からの逆転はあるのか

使い込んだお金はざっと300万円です。






実は、それ以外にも、自分の貯金とか使ったものはかなりあります。



でも、自分の貯金は、もう諦めの域に入っているので、金額は考えないようにしています。



将来的にいつか使ったお金全てを取り戻せたら良いのですが、まずは、この使ってしまったお金をどうにかしないといけません。







このお金は、将来用に共同で積み上げていた貯金です。


(念のため補足を、最近よくニュースにあるような、会社のお金を横領というような犯罪行為はもちろんしてません。)


お金は、5年後位には必ず必要になるのです。














まず、現状の資金状況を整理します。




手持ちの自由な資金は約6万。


毎月自由に使える、いわゆる小遣い的なものは、約2万です。

(余剰資金が2万ではないです。2万から自分の必要物は買う必要があります。)




300-6=294万円

まずは、これを返していきます。




仮に、単純に月1万返していったとして、年間12万円。

294÷12=24.5

24年半もかかるんですね。










その前に月1万も返済能力があるのか?


そもそも、小遣い1万で生活することも、過去出来たことはありません。





現実味のある数字で、小遣い1万5千円、返済が月に5千円にしたならば、49年。

自分はたぶん49年後は死んでると思います。





この数字だけ見ると

期限内の返済は、

「絶望的」

です。











コツコツ返済ということは、もちろん大事な事と思います。


ですが、300万円をコツコツでは全然追いつきません。








では、どうやって返すか、その方法ですが、メインは投資と考えています。





具体的には、fxと株の予定です。

資金が6万程度では、株は不可能に近いので、当面fxメインのつもりです。

fxで稼げて、ある程度資金が集まれば、株を買いたいと思います。






他には、サッカーのmini totoをたまに買うつもりです。


なぜmini totoかと言うと、
totoは、1等確率は1/1,594,323、当選金は約1億です。

当たれば大きいですが、そもそも当たらなければ意味がありません。


自分のようなせいぜい数千円という資金力では、確率から考えて、とても当たらないと思います。




対して、mini totoは、1等は1/243、当選金は約1万です。

当てたい、そしてお金を増やしたいと思っているので、現実的なことをします。


過去に何回か買って当たったことがあります。



mini totoについては、しばらく収支を見ながら、継続して購入するか検討したいと思います。










今は、金額の大きさと自分の返済能力を比べて、呆然としています。






ここからの逆転はあるのか?







野球はツーアウトから。という言葉もあります。

諦めたらもう全て終わりだと思います。



逆転のチャンスは、長い人生のなかで、いつか巡ってくると思ってます。

というのも、試合、物事、何にしても、良い時・悪い時、流れや波が必ずあります。

いつか、良い流れが巡ってくると信じています。




ただ、巡ってくるチャンスを逃さないように、準備(逆転のバッターボックスに立つ=逆転できるレベルの資金力を持つ)をしっかりします。


少しずつ資金を上積みして、いつかお金を戻せるよう頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目記事

10月第4週の結果